読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長岡技術科学大学 鋼構造研究室

長岡技術科学大学 鋼構造研究室内で起きた出来事を、研究に差支えのない程度に書いていきます。(交代制)

研究所見学会

ご無沙汰してます,構造研ブログ係です.

6月に更新して以来4ヶ月ぶりの更新ですね.

(完全に忘れてたという感じです,すみません・・・)

 

先日,茨城県つくば市にありますショーボンド建設㈱ 補修工学研究所へ見学しました.

今回の見学では構造物のメンテナンス技術や研究所施設の紹介をしていただきました. 

 

f:id:struct_nut:20160929141725j:plain

 

こちらは恒温恒湿条件での構造物疲労試験機です.

温度・湿度をあらゆる条件を再現し,補修・補強工法の実験や開発を行っています.

 

f:id:struct_nut:20160929142631j:plain

 

次に,実橋に近い移動活荷重を再現する移動式載荷試験機も拝見しました.

日本でも数少ない試験機であり,実際の可動時の様子はとても迫力がありました.

 

また,試験中の床版下部の疲労耐久状況も見させていただきました.

 

 f:id:struct_nut:20160929143500j:plain

 

チョークで記されている部分が床版のひび割れ箇所です.

今回は炭素繊維シートとアラミド繊維シートでの補修補強効果の確認しておりました.

 

f:id:struct_nut:20160929142654j:plain

 

実際の施工されている炭素繊維シートの現物写真です.

 

その他にも,屋外展示場では実際に現場で使用されていたRC床版の疲労状況や

床版補強工法についても紹介していただきました.

 

  f:id:struct_nut:20160929144221j:plain

 

f:id:struct_nut:20160929145119j:plain

 

コンクリート構造物が中心でしたが,

実際に使用されている補修補強工法・技術を紹介していただき,

大変貴重な経験となりました.

今回見学をさせていただいた,ショーボンド建設様,ありがとうございました.